オークリー(OAKLEY)とイチロー選手

オークリー(OAKLEY)のサングラスを掛けているイチロー選手はカッコいいですよね。

オークリー(OAKLEY)のイチロー選手がテレビに出てくると釘付けになってしまいます。

オークリー(OAKLEY)のイチロー選手によってオークリー(OAKLEY)が世間に広まったといってもいいかも知れませんね。

結構、野球選手はおおいですよね。

オークリー(OAKLEY)のイチロー選手が外野の守備でボールをキャッチする姿は、さすがはプロと思いますね。

特に、オークリー(OAKLEY)のイチロー選手が背面キャッチしたときなどは、うまいな、と思います。

それをまねしてか、子どもたちも背面キャッチの練習をしていますね。

オークリー(OAKLEY)のイチロー選手の与える影響力はすごいものがあるんですね。

オークリー(OAKLEY)のイチロー選手だけではなく、最近では松坂選手もメジャーリーガーとして頑張っています。

オークリー(OAKLEY)のサングラスを松坂投手が掛けているのを見たことがないですね。

オークリー(OAKLEY)の松坂投手が映像に出てくるようになれば、ますます、オークリー(OAKLEY)の人気は高まりますね。

最近では、日本のプロ野球選手も掛けていますね。

オークリー(OAKLEY)を掛けている選手は、デーゲームの多いパリーグの選手に多いような気もします。

オークリー(OAKLEY)のグラサンで活躍することを期待しています。

オークリー (OAKLEY)の感想

オークリー (OAKLEY)の感想を乗せてみました。

それぞれのオークリー (OAKLEY)の気持ちを持っていますね。(^^)

オークリー (OAKLEY)のサングラスを買いました。

オークリー (OAKLEY)のサングラスは、軽くてデザインもいいですね。オークリーがこの値段とは安いですよね。

オークリー (OAKLEY)のサングラスは、スポーツをする時だけでなく普段かけていても気になりませんでした。

オークリー (OAKLEY)のサングラスをかけて、ハーフマラソン走りました。

オークリー (OAKLEY)のサングラスは軽くて、フィット感が良くて重宝してます。

オークリー (OAKLEY)のサングラスは、製品もしっかりしていて、値段も驚くほど安いですね。素晴らしかったです。
もうこれから手放せません。

オークリー (OAKLEY)のサングラス、すごく感激しました。ゴルフする自分にはうってつけのサングラスです。
腕前はともかくとして、宮里藍ちゃんになった気分です。

オークリー (OAKLEY)のサングラスは、ノーズ部分を高いのに交換すれば、鼻の低い日本人でも大丈夫なんです。

また軽いのでラウンド中も気になりません。

オークリー (OAKLEY)のサングラス、ゴルフだけでなく野球でも使いました。

ちょっぴりイチローになった気分で、ヒットも量産できました。

これはオークリー (OAKLEY)のおかげ?それとも実力?

オークリー (OAKLEY)のサングラスは、非常に使い勝手が良いものなので、スポーツする方には是非使用して欲しいと思います。

オークリー (OAKLEY)のテクノロジー

オークリー (OAKLEY)のテクノロジーを紹介します。

オークリー (OAKLEY)のテクノロジーのグリップ

Unobtanium(アンオブタニウム)

オークリー (OAKLEY)の礎とも言える特許素材。ハンドグリップの素材としてジム・ジャナードが開発した、汗や水分を吸収するとグリップ力が増すゴム素材。現在はオークリー (OAKLEY)のサングラス用のノーズピースやイヤーソックに使用される。

オークリー (OAKLEY)のテクノロジーのレンズ

POLARIC ELLIPSOID(ポラリック・エリプソイド)

オークリー (OAKLEY)のスノーゴーグルやM-FLAME等のシングルレンズのサングラスに使用される非球面レンズ構造技術。

オークリー (OAKLEY)のレンズは人間工学に基づいたデザインにより顔面に正確にフィットし、光線の歪みを最小限に抑え、風や太陽光から眼を保護する。

XYZ OPTICS (XYZオプティックス)
オークリー (OAKLEY)のレンズは2眼式球面構造のレンズに適用されるレンズテクノロジー。

オークリー (OAKLEY)のレンズはX、Y、Z軸において歪みを光学的に補正し、あらゆる角度から正確な画像を捉えることを可能とする。

HDO/High Defintion Optics(ハイ・ディフィニション・オプティックス)

オークリー (OAKLEY)のレンズ、ポラリックエリプソイドとXYZオプティックスの2つの技術と特許素材プルトナイトによって生成される光線補正効果。光の拡散や屈折を補正し、高いオプチカル透明度を現出させる。

Plutonite(プルトナイト)
オークリーすべてのアイウェアのレンズに使用されているUVカット機能を搭載した特許素材。高純度のポリカーボネイト。

通常のメーカーのUVカット機能はコーティングによるものであり、表面に傷がついたりすると効果が半減するのに対し、プルトナイトはレンズの素材自体に機能が内蔵されているため、レンズに穴が開かない限り効果が持続する。

オークリー (OAKLEY)レンズにほとんど歪みがないうえ優れた耐衝撃性を備えており、ショットガンの弾丸をもってしても破壊は不可能とされる。

Iridium(イリジウム)
オークリーが特許を持つミラーコーティング。他のメーカーには見られない特殊な発色を可能とする。

POLARIZED(偏光レンズ)

オークリー (OAKLEY)のレンズは散乱白色光を遮断することによって視野の乱反射を最小限に抑え、逆に視覚上の対象物を照射する干渉光はそのまま入射させるため、クリアな視界を実現できる。さらにレンズ背面には非反射コーティングが施されており、眼精疲労やレンズの曇りを防止できる。

TRANSITIONS(調光レンズ)

オークリー (OAKLEY)の外界の光量の増減によって自動的に明るさが変化するレンズ。調光機能によって視覚のコントラストが調整され、奥行視界の知覚が上昇する。

オークリー (OAKLEY)のテクノロジー・フレーム

O-Matter(オー・マター)
オークリー (OAKLEY)のプラスチック系のサングラスに使用される素材。超軽量で耐久性も高い。

X-Metal(エックスメタル)
RomeoやJurietシリーズなどのフレームに使用される低アレルギー誘発性チタン合金。

C5Alloy(シーファイブアロイ)
オークリーの特許素材。WIREシリーズサングラスのフレームの素材となる5種類の金属による合金。軽量かつ強度が高い。

O-Luminum(オールミナム)
Hatchetシリーズ等に使用される、チタン合金よりもさらに軽いアルミ合金製の素材。耐衝撃性も高い。

Magnesium(マグネシウム)
マグネシウム合金をセラミックポリマーでコーティングしている。極めて軽量だが酸化による劣化が早く、現在はラインナップされていない。

出典:ウィキペディア

オークリー (OAKLEY)の社歴

オークリー (OAKLEY)は1975年にジム・ジャナードがモトクロス用ハンドグリップを開発して、Oakley, Inc.を設立したんですね。

オークリー (OAKLEY)のハンドグリップってどんなのか、見てみたいですよね。


オークリー (OAKLEY)は1980年にいよいよゴーグル業界に参入していきます。その時にLexanレンズを搭載したスポーツ用ゴーグルをリリースしました。

そして、オークリー (OAKLEY)は1984年、サングラスのアイウェア業界に参戦します。

オークリー (OAKLEY)はアイウェアの分野、つまりサングラスで「Eyeshade」及び「Frogskin」を発売しました。

しかし、オークリー (OAKLEY)は1985年にオークリー (OAKLEY)の原点であったモトクロス用グリップの製造を終了して本格的にアイウェアの世界で勝負に出たんですね。

オークリー (OAKLEY)は1991年、最新のテクノロジーを駆使してRX(度付き)レンズを発表します。

オークリー (OAKLEY)は1997年に、大変話題を呼んだ世界初の鋳造メタルフレームのX-Metalシリーズを発売しました。

あわせてPolarized(偏光レンズ)を製品化にも成功します。

今の本社南カリフォルニアにオークリーUSA本社落成。

オークリー (OAKLEY)は、OAKLEY JAPANも設立します。

[オークリー (OAKLEY)の戦略は勢いの止まるところを知りません。

1998年には他業界のフットウェア業界にも参戦しました。

そして、オークリー (OAKLEY)は「O Shoe」を販売しました。


続いて、オークリー (OAKLEY)は、ウォッチ業界にも参戦するんですね。

オークリー (OAKLEY)のX-Metal素材のウォッチ「TIME BOMB」はインパクトがありましたね。

2001年、世界初のマグネシウム合金をサングラスフレームに採用した「MagSwitch」を販売し大きな話題を呼びます。

オークリー (OAKLEY)は2004年に新素材O-Luminumを搭載した「HATCHET」を販売しましたが、オークリー (OAKLEY)の技術が充分に活かされていますね。

オークリー (OAKLEY)は日本にも直営アウトレットショップ「O-Vault」を軽井沢でオープンさせました。

一度行ってみたいな、と思っています。

オークリー (OAKLEY)は2005年モトローラと提携して、ミュージックプレーヤー搭載サングラス「THUMP」を販売しました。

この商品、実際にショップで視聴してみましたが、すごくよかったです。

メガネじゃなかったら、絶対買っています。

オークリー (OAKLEY)で、ジム・ジャナードがCEOを退任、会長に就任しました。

オークリー (OAKLEY)は、2006年に調光レンズメーカーのトランジション・オプティカル社と提携してテクノロジーを駆使していきます。

そして、オークリー (OAKLEY)は日本ではじめての直営店「O-Store Harajuku」を原宿にオープンしました。

オークリー (OAKLEY)の概要

オークリー (OAKLEY)は1975年、ジム・ジャナードによってモトクロス・BMXのハンドグリップメーカーとして創設されたって知ってました?

オークリー (OAKLEY)の出発はサングラスではなかったんですね。

オークリー (OAKLEY)の原点がそこにあったとはわからないものですね。(笑)

オークリー (OAKLEY)は、ハンドグリップメーカーからゴーグルの開発に乗り出したんですね。

そして、いよいよ、オークリー (OAKLEY)は、80年代にサングラスを主力商品としたアイウェア業界に参戦したんですね。

オークリー (OAKLEY)の歴史がその頃からとは私も知りませんでした。(^^;

オークリー (OAKLEY)は、高い機能性を備えたレンズと斬新で近未来的なデザインによりスポーツサングラスのトップメーカーとしての地位を不動のものとしたんですね。

オークリー (OAKLEY)のサングラスって目に優しいし、デザインもオシャレですものね。

そのオークリー (OAKLEY)も、90年代にはアパレル、フットウェア、ウォッチ市場への拡大していったんです。

オークリー (OAKLEY)の躍進は嬉しいのですが、個人的には、スポーツサングラスの分野のみにして欲しかったですね。

しかし、オークリー (OAKLEY)の機能とデザインの双方を損なうことなく高次レベルで融合させました。

オークリー (OAKLEY)の製品は高評価ですね。

そして今では、オークリー (OAKLEY)の製品は、米軍特殊部隊SEALやデルタフォースで制式採用されたほか、スノーボード、野球、ゴルフ等のトップアスリートがオークリーの製品を愛用していることはご存知の通りです。

オークリー (OAKLEY)の基本コンセプトである「Technology Wrapped in Art」は「芸術的なデザインによって包括された技術」という意味なんです。

しかも、オークリー (OAKLEY)は、「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか?」をテーマに技術開発を続けており、全世界で約600の特許を取得しているほどの技術開発を今日も続けています。

オークリー (OAKLEY)の社名がどこからつけられたか、知ってました?

オークリー (OAKLEY)の社名は創業者ジム・ジャナードの愛犬の名前なんです。(^^)v

オークリー(OAKLEY)について

オークリー (OAKLEY) は、サングラス、ゴーグルなどの製造販売会社です。

オークリー (OAKLEY)は、それ以外にも、なんとアパレル、フットウェア、ウォッチなどの製造および販売を行なっていたって知ってました。

オークリー (OAKLEY)の本社は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オレンジ郡ですが、カリフォルニア州のオレンジ郡っていいところですよね。

そして、オークリー (OAKLEY)といえば、スポーツ選手が使っていることでも有名ですね。

テレビでスポーツニュースを見ていると、スポーツ選手が練習の合間や試合中でもオークリー (OAKLEY)のサングラスを掛けているのを見てカッコいいな、と思ってました。

オークリー (OAKLEY)のサングラスを掛けている有名な選手では、アメリカン・メジャーリーガー・シアトルマリナーズのイチロー選手ですよね。

それ以外にもオークリー (OAKLEY)を掛けている選手と言えば、プロゴルファーの宮里選手。

オークリー (OAKLEY)の大ファンであるマラソンの高橋尚子選手なんかも有名ですよね。

それぐらいオークリー (OAKLEY)のサングラスがプロスポーツ選手の間では人気になっているんですね。

オークリー (OAKLEY)のサングラスではないですが、私もオークリー (OAKLEY)ブランドのメガネをかけています。

オークリー (OAKLEY)のメガネを掛けていると、まわりの人が必ずいいますね。

そのメガネ変わっているね。

耳にかける部分が曲がっていないけど、落ちないの?って。

オークリー (OAKLEY)のオシャレさはこの耳の部分が曲がっていないところにあるんですよね。

オークリー (OAKLEY)のサングラスでもメガネでもかけてオシャレセンスを磨きましょう。

オークリー (OAKLEY)ブランドのメガネを掛けている人は少ないですから、注目されることまちがいないです。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。